Email Q&A

メールの署名に自分の肩書きや階級を書いたほうがいいですか?

Answer and Suggestion:

通常は、書いたほうがよいでしょう。自分の肩書きや階級を自慢しているように思われると心配する気持ちはわかりますが、誰もそのように受け取らないはずです。逆にあなたのことをよく知らない人物がそのメールを見たら、あなたがどれくらい重要ポストを任されている人物なのかを知りたいと思うでしょう。

 

ただし、フォーマリティの観点から敢えて署名を載せない工夫も考えられます。相手が自分のことをよく知っている場合には、ビジネスメールであっても署名を省略する人は少なくありません。相手に、よりリラックスした、いつも通りの親近感を持ってもらいたいからです。

 

それでも、重要なビジネス案件を含むメールには、どんなによく知る相手でも、必ず署名を付け加える方が望ましいです。

 

Example:

 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Hiroshi Kato (Mr.) (名前+性別 ※性別はオプション)

Assistant Manager, Senior Analyst(肩書きや階級)

Marketing Department(部署名)

AGJ Company (社名)

https://agj.com(WEBサイトのURLなど)

tel: +81-3-1234-5678 (電話番号)

 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

 

 

シェアする

その他のおすすめEmail Q&A

Email Q&Aでは、英文メールにまつわるビジネスパーソンの疑問質問にお答えします。これまで実際にお寄せいただいた質問の数々をご紹介しています。この Email Q&Aで解決しない疑問・質問がありましたら、お気軽に「Email #110」へご質問ください。

5つの戦略では、少し厄介な状況や内容について、5つのアプローチを各回でご紹介します。立場の違い、断るとき、謝らなければならないとき、理不尽な相手、難しいことを依頼したいとき、などに有効に使える表現戦略を特集していきます。

Wordsでは、英文ビジネスメールでよく使う単語について、疑問に感じること、よくある間違い、類似語との違いなどをご紹介します。

公開セミナー情報