Email Q&A

会議でプレゼンする人を“presentator”と表現できますか?

Answer and Suggestion:

残念ながら‘presentator’ (プレゼンテーター)という言葉は英語にありません。

ですから、 “Ms. Sato will be the presentator at our Zoom meeting.” は英語として間違いです。

 

 

その代わり、‘presenter’ (プレゼンター)は、英語として使うことができます。オンライン会議では、「発表者」のことを‘presenter’と呼ぶプラットフォームもありますね。

 

Ms. Sato will be the presenter at this meeting. 

(このミーティングでは、佐藤さんがプレゼンターです。)

 

Ms. Sato will be the main speaker at this meeting. 

(このミーティングでは、主に佐藤さんが話をします。)

 

Ms. Sato will make a presentation at this meeting. 

(このミーティングでは、佐藤さんがプレゼンテーションをします。)

 

 

 

シェアする

その他のおすすめEmail Q&A

Email Q&Aでは、英文メールにまつわるビジネスパーソンの疑問質問にお答えします。これまで実際にお寄せいただいた質問の数々をご紹介しています。この Email Q&Aで解決しない疑問・質問がありましたら、お気軽に「Email #110」へご質問ください。

5つの戦略では、少し厄介な状況や内容について、5つのアプローチを各回でご紹介します。立場の違い、断るとき、謝らなければならないとき、理不尽な相手、難しいことを依頼したいとき、などに有効に使える表現戦略を特集していきます。

Wordsでは、英文ビジネスメールでよく使う単語について、疑問に感じること、よくある間違い、類似語との違いなどをご紹介します。

公開セミナー情報