Email Q&A

相手に同意したくない場合、どうしたらよいですか?

Answer and Suggestion:

同意したくないなら同意しません。ですが、相手の立場を守るためにも丁寧に伝えましょう。

 

1)相手の依頼を断る場合、「遺憾」の気持ちを示す

I am sorry to say that we will not be able to follow your schedule proposal.

(申し訳ありませんが、貴社の提案スケジュールに沿うことができません)

 

2)相手の解釈を拒む場合、相手が正しい可能性を考慮に入れる

We appreciate your information. But our test results indicate that Material X is more effective.

(情報をご提供いただきありがとうございます。しかし我々の試験結果では、マテリアルXがより効果的と指し示しています。)

シェアする

その他のおすすめEmail Q&A

Email Q&Aでは、英文メールにまつわるビジネスパーソンの疑問質問にお答えします。これまで実際にお寄せいただいた質問の数々をご紹介しています。この Email Q&Aで解決しない疑問・質問がありましたら、お気軽に「Email #110」へご質問ください。

5つの戦略では、少し厄介な状況や内容について、5つのアプローチを各回でご紹介します。立場の違い、断るとき、謝らなければならないとき、理不尽な相手、難しいことを依頼したいとき、などに有効に使える表現戦略を特集していきます。

Wordsでは、英文ビジネスメールでよく使う単語について、疑問に感じること、よくある間違い、類似語との違いなどをご紹介します。

公開セミナー情報