英語ビジネスメールでよく使う英単語

“request for”と”request on”は何が違うの?

→ 名詞形の request に付く前置詞には、for と on と of があり、それぞれ意味が異なります。

 

メールの件名に request を使うことを想定して、具体例を見ていきましょう。

 

Example 1: for
Subject: Request for schedule (スケジュール送付の依頼)

 

forを使い、依頼したい内容を伝えます。上記の例なら、「スケジュールを送ってほしい」ということになります。

 

 

Example 2: on

Subject: Request on schedule (スケジュールについての依頼)

 

onを使い、依頼したい内容のトピックを伝えます。「〜について(〜に関して)」というニュアンスです。例文では、例えば「プロジェクト変更によりスケジュールを見直したい」とか、「部品が欠品中なので生産スケジュールの調整を依頼したい」などのような具体的な依頼内容は本文に書かれているイメージです。

 

 

Example 3: of

Subject: Request of the customer (顧客からの依頼)

 

ofを使い、誰からの依頼なのかを伝えます。”I am asking for this at the request of the Japanese Tax Department.”(日本の税務局からの依頼により、この件をお願いしています。)といったように使うこともできます。

 

 

 

 

シェアする

その他のおすすめWords

Email Q&Aでは、英文メールにまつわるビジネスパーソンの疑問質問にお答えします。これまで実際にお寄せいただいた質問の数々をご紹介しています。この Email Q&Aで解決しない疑問・質問がありましたら、お気軽に「Email #110」へご質問ください。

5つの戦略では、少し厄介な状況や内容について、5つのアプローチを各回でご紹介します。立場の違い、断るとき、謝らなければならないとき、理不尽な相手、難しいことを依頼したいとき、などに有効に使える表現戦略を特集していきます。

Wordsでは、英文ビジネスメールでよく使う単語について、疑問に感じること、よくある間違い、類似語との違いなどをご紹介します。

公開セミナー情報